世界の名作が集結するパリでの美術館巡りのコツ!

美術館巡りを効率よくするためのポイント

美術館巡りをするにあたって、まず最初にパリについて入手すべきものをご紹介します。パリミュージアムパスという大変便利なチケットがあり、これを入手することによって、ルーブル美術館・オルセー美術館・オランジェリー美術館の三大美術館を巡ることが可能です。最大のメリットといえば、チケット購入に並ぶ時間を節約できるということです。ご存知かとおもいますが、世界的に有名なこれらの美術館には開館前から長蛇の列ができます。このミュージアムパスを入手しておくことで、開館と同時にスムーズに入館できます。長時間並んで、結局一日に数か所しか観光できなかった。なんてことを避けるための必須アイテムといえます。あちこちに点在する観光案内所や空港でも手に入れられる為、着いたらすぐに入手しておきましょう。

美術館巡りのルートを考えよう

限られた時間で美術館を巡るには、予めルートを考察しておく必要があります。というのも休館日を調べておくのはもちろんですが、ルーブル美術館やオルセー美術館は曜日によっては夜遅くまで開館しているからです。上手に組み合わせることによって少し駆け足にはなりますが、一日で3か所の美術館を訪れる事も不可能ではありません。ただ、夜間開館の日は多くの観光客がその時間帯を狙って訪れる為、余裕をもったスケジュール作りをしておく必要があります。次に、観光ツアーが集結する時間帯を避けるということです。多くのバスツアーの場合、ゆっくりと鑑賞する時間をとっていないため名作の前にツアー客がどっと押し寄せる事態となります。ゆっくりと鑑賞するためには時間帯をずらして訪れるとよいでしょう。いかにスムーズにじっくりと鑑賞できるかが美術館巡りを楽しむコツともいえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です