寝台列車する旅行をするときに知っておきたいこと

旅情を味わいたいならば寝台列車を利用しよう

かつては高速鉄道をである新幹線が少なかったため、寝台列車が数多く走っていました。今でこそ数が少なくなったものの、寝台列車で旅行に行くというのは、新幹線や飛行機と違いとても旅情を味わうことができます。そんな寝台列車で旅行する場合にはどのようなことを気をつけた方がよいでしょうか。まず、夜眠れない人は、ふだん寝ている恰好や普段から使っている枕などを持ち込むとよいでしょう。心地よく眠ることができるようになります。また、どうしても眠れないときのためにお酒を持っていくとよいかもしれません。社内は禁煙になっていますが禁酒ではありませんので、お酒を飲んでもかまいません。ただし、ほどほどの量にしておきましょう。

往復寝台列車にする場合の注意点

寝台列車を利用する場合、片道は寝台列車で帰りは飛行機というツアーもあります。ですが、往復寝台列車にすることも可能です。多少お金は高くなりますが、旅をしている気分を味わうことができるでしょう。より思い出深い旅行になるにちがいありません。列車の寝台のグレードですが、旅行を盛り上げるために行きはB寝台、帰りはA寝台にしてもいいかもしれません。旅行をする場合、帰りは単に進帰宅するだけが目的になってしまいがちですが、A寝台にすることで最後に楽しみをとっておくことができるのです。ただ、いつも旅行で帰る時に寝てしまう人は、行きをA寝台、帰りをB寝台にするとよいかもしれません。なぜなら、帰りの列車での過ごし方は睡眠が中心になるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です